【動画】黄色のカマキリ。体長約6センチの幼虫という=張春穎撮影
[PR]

 見たら幸せになれるかも――。そんな鮮やかな黄色をしたカマキリが注目を集めている。静岡県磐田市竜洋昆虫自然観察公園(同市大中瀬)の飼育担当者がツイッターでつぶやくと、1週間で約1万件の「いいね」が集まり、「かわいい」「美しい」といったコメントも寄せられた。

 飼育担当の柳沢静磨さん(22)によると、黄色のカマキリは浜松市東区の男性が8月下旬に庭先で見つけ、同園に譲り渡した。体長約6センチの幼虫だった。

 緑色や茶色がよく見られる中、柳沢さんは「金色にも見えるほどのきれいな黄色はめったになく、初めて見た」と興奮したという。「顔を上げて」などと声をかけながら200枚ほど撮影。目を合わせてきたり、嫌な顔をしたように見えたりと、野性味と人間味も感じたという。

 厳選した写真とともに「美しい!かわいい!これはもう惚(ほ)れますね!」とツイッターでつぶやくと、反応が相次いだ。「虫は苦手なのですが、ちょっと感動しました!」「作り物かと思った。かわいい」といった声も寄せられた。

 黄色のカマキリは最近、成虫になった。9日から開く「カマキリ展」で展示する。問い合わせは同園(0538・66・9900)。木曜日休園。(張春穎)