[PR]

 この日の北朝鮮のミサイル発射に対し、米中両国は抑制的な反応を示した。

 ミサイル発射直後の28日夜(日本時間29日午前)、米国防総省のマニング報道部長は「北米にとって脅威にはならない」とするコメントを出した。

 その後、米ホワイトハウスは29日朝(同29日夜)、「隣国や国連のすべての加盟国、そして国際的に受け入れられる最低限の基準に対する侮辱だ」「すべての選択肢がテーブルの上にある」と北朝鮮を非難するトランプ大統領の声明を発表した。だがそれは発射から半日以上たった後だった。

 北朝鮮が予告した、中距離弾道…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも