[PR]

 27日午後6時半過ぎ、大阪市中央区の大阪城天守閣の西側にある高さ約2・5メートルの石垣から、大きな石が地面に落ちているのを、帰宅途中の警備員が発見した。けが人はなかった。大阪城公園事務所の担当者は「大阪城の石垣が落下したというのは聞いたことがない」と話している。

 同事務所によると、落下した石は幅25センチ、奥行き20センチ、高さ80センチ程度で、重さは100キロほどある可能性がある。

 同日午後6時15分ごろ、付近で「ドン」という大きな物音を聞いた人がいたといい、大阪市などが落下の原因を調べている。