[PR]

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて発信された全国瞬時警報システム(Jアラート)が一部で伝わらなかった問題で、所管する総務省の奥野信亮副大臣は30日の参院外交防衛委員会で、「使っている方がもう少し勉強していれば」と述べ、スマートフォン利用者に原因の一部があるとの見方を示した。

 北朝鮮による29日の弾道ミサイル発射直後、Jアラートは北海道、東北など12道県で避難を呼びかけたが、機器の不具合などで7道県の16市町村で情報が伝わらなかった。

 奥野氏は「(個人の)携帯電話とスマホに関しては、アンドロイド端末を使っているものに一部伝わらない事象が発生している」と説明。その上で「使っている方がもう少し勉強していれば、ヤフーで無料で提供しているアプリを端末にインストールすれば聞けることになっている」と述べ、利用者の知識不足を理由に挙げた。

 民進党の白真勲氏が「勉強しなくても誰でもJアラートは伝えなければいけない。『勉強して頂ければ』と言ったらまずい」と撤回を求めると、奥野氏は「そう言ったとすれば少し撤回するが、我々がもう少し勉強して、スマホのユーザーにしっかり伝わるような宣伝をしていかなくてはいけない」と釈明した。