[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却に際し、値引きされた約8億2千万円のごみ撤去費について、財務省職員らを背任容疑で告発した阪口徳雄弁護士らが1日、「約4億3500万円が適正」とする試算結果を大阪地検特捜部に提出した。提出後、阪口弁護士は「仮に国の言う量のごみがあるとしても、国の積算は水増しされ、値引きは過大だ」と批判した。

 試算は阪口弁護士らが1級建築士に依頼。建築士は国の積算は、本来の国の積算基準に比べて数倍高い比率や単価が使われたと指摘しており、結果として今回の試算額を約3億8400万円上回っていた。弁護士らは同日、特捜部に、近畿財務局などを捜索し、資料を押収するよう求めた。(一色涼)