[PR]

 中日は1日、大島が右足腓骨(ひこつ)骨折と診断されたと発表し、出場選手登録を抹消した。大島は8月31日のDeNA戦の八回に右足首付近に死球を受け、同日、名古屋市内の病院で検査を受けていた。今季の出場は絶望的で、大島は「まずは治療することに専念して、来年、今年以上の成績を残せるように準備して帰ってきます」とコメント。大島は31日の時点でリーグ4位の打率3割1分3厘、同2位の23盗塁だった。