[PR]

 愛媛県立とべ動物園(砥部町上原町)でいつも一緒に行動しているモモイロペリカンの「ウッディ」(15歳)と「クーパー」(12歳)。2羽とも2006年からオスとして園で育てられてきたが、今年に入ってウッディが実はメスだと判明した。園は8月にホームページで「改名したほうがいいですか」といったん呼びかけたが、すでに名前が親しまれていることもあり、そのままにして見守っている。

 園によると、モモイロペリカンは体の色などの外見がオス・メスとも同じだが、オスの方が大きい。園では2羽ともほぼ同じ大きさで、以前飼育したメスのモモイロペリカンより体が大きかったので、オスとして飼育を始めた。2羽はいつも一緒で、ウッディはおとなしく、クーパーは活動的だったという。

 今年になって鳥インフルエンザが流行し、2羽を一時屋内で飼育したのをきっかけに、園が6月、2羽の羽根を採取してDNA検査で性別を調べてみた。すると、ウッディがメスだと分かったという。飼育を担当している宮越聡主任は「調べるまでもなくウッディもオスだと思っていた。ただただ驚いた」と振り返る。

 2羽は繁殖の可能性があるが、同じ飼育場所にはキリンやダチョウがいる。園は8月下旬、2羽だけで落ち着ける場所にしてもらうと、水場に浮島を設けた。

 2羽は繁殖期になると体毛がピンク色になる。宮越主任は「ライオンなどと比べて目立つ子たちではないが、短い足で歩くしぐさなどがかわいい。2羽をじっくり見守ってほしい」と呼びかけている。(藤井宏太)