[PR]

 スイス南西部バレー州警察当局は1日までに、名峰マッターホルン(4478メートル)に登山中だった31歳の日本人男性が死亡した、と発表した。氏名は公表していない。

 発表によると、男性は8月27日、マッターホルンの東側斜面で滑落後、死亡した。男性は下山途中だったとみられるというが、滑落の原因などはわかっていないという。(ロンドン)