[PR]

 お互いの長所を生かし合って、念願の頂点に立った。大津市立仰木中学3年の遠藤帆夏(ほなつ)さん(15)と今西愛依(めい)さん(15)は、7月末に富山県上市町で開かれたJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生カヌー大会に出場し、女子カヤック2人乗り500メートルで優勝した。

 「オーパルカヌーチーム」(同市雄琴5丁目)に所属する2人は、一昨年、昨年とも同大会3位。「三度目の正直で絶対優勝しよう」と、中学最後となる今大会に臨んだ。決勝レースは序盤はやや遅れたが、残り200メートルでスパートをかけ、2位に約3秒の大差をつけてゴールした。

 遠藤さんは「普段レース中はあまり声を出さない愛依ちゃんが、『ラスト』と力いっぱいの声を出していたので、さらに気持ちを入れてスパートをかけることができました」と振り返る。「昨年は同学年のペアに負けてしまったのが悔しかった。その悔しさを晴らして、優勝できてうれしい」と今西さん。

 互いの特徴について、今西さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら