[PR]

(2日、ソフトバンク3―1楽天)

 楽天打線が湿りっぱなしだ。最大の好機だった六回無死満塁で挙げたのは1点だけ。それもウィーラーの三ゴロ併殺の間に三塁走者が生還したものだった。なお2死三塁で、続く島内の打球はいい当たりだったが右翼手の正面を突き凡退。島内は「状態はよくなってきている。一つ勝てば流れは来る」と前を向いた。

こんなニュースも