[PR]

 トランプ米大統領は1日、米南部を襲ったハリケーン「ハービー」による洪水災害などからの復旧のため、連邦議会に対し、78億5千万ドル(約8650億円)の緊急の予算措置を求める方針を決めた。

 トランプ政権が下院に送った書簡によると、ハービーの直撃がもたらした前例のない洪水被害により、10万軒以上の家屋が被災。これまでに4万3500人以上が避難所に移り、43万6千世帯が生活が正常化するまでの仮の住居や住宅の修復支援などを求めているとした。また、地元企業や学校、社会インフラも被害を受けていると強調した。

 被害が集中しているテキサス州ヒューストンは、石油・天然ガスの生産や輸出の重要拠点となっており、経済的な損害が拡大するとの懸念が広がっている。1日も化学工場で新たに火災が発生。米メディアは最初の予算措置の規模は59億ドルになると報じていたが、トランプ氏は今回、それを上回る額を議会側に求めた形だ。

 トランプ氏は2日に再び被災地のテキサス州ヒューストンを訪問し、避難者や復旧にあたる州当局者らと会談する。(ワシントン=土佐茂生)

こんなニュースも