[PR]

 自民党の長島忠美衆院議員の死去に伴う衆院新潟5区補選(10月22日投開票)で、自民党新潟県連5区支部が2日、泉田裕彦・前新潟県知事に立候補を要請し、泉田氏も前向きに検討する姿勢を示した。泉田氏が受け入れれば、県連は4日以降に正式決定し、党本部に公認を要請するとみられる。党本部は「泉田氏は勝てる候補だ」(党幹部)として公認する方針だ。

 2日午前、県連の支部幹部の県議らが泉田氏の自宅を訪れ、立候補を要請した。泉田氏は面会後、記者団に対し、補選の投開票日が、中越地震の発生した10月23日と、知事を退任した24日に連なっていることに触れ、「運命的なものを感じる」と語り、これまでにない前向きな姿勢を見せた。

 5区は泉田氏の地元(4区の加茂市)と選挙区が異なるため、地元の支援者の理解を得たうえで立候補を決める考えとみられる。面会した県議は「前向きに受け止めていたと思う」と記者団に語った。

 長島氏の死去後、泉田氏は「今は(長島氏の)喪に服すとしか言えない」と述べていた。

 泉田氏は2004年10月に新潟県知事に就任後、3期務めた。知事就任前日の10月23日に新潟県中越地震が発生し、当時、旧山古志村(現長岡市)の村長だった長島氏と災害復旧や復興対応にあたった。知事時代は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な立場を示してきた。