[PR]

 1日午後0時50分ごろ、兵庫県丹波市春日町池尾の田んぼで、東京都豊島区駒込4丁目の公証人、中井国緒さん(62)がうつぶせで倒れているのを、姉(68)が発見し、別の親族が119番した。県警によると、中井さんは肋骨(ろっこつ)が折れるなどしていて、搬送先の病院で死亡が確認された。

 丹波署によると、中井さんは実家に帰省し、コンバインに乗って稲刈りをしていた。同署は何らかの原因でこのコンバインにひかれた可能性があるとみて調べている。

 中井さんはさいたま地検検事正や福岡地検検事正、最高検検事、大阪高検公安部長などを歴任した。