[PR]

 茨城大学農学部2年だった原田実里(みさと)さん(当時21)が2004年に殺害された事件で、茨城県警は2日、岐阜県瑞穂市のフィリピン国籍、工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を強姦(ごうかん)致死と殺人の疑いで逮捕し、発表した。「捜査に支障がある」との理由で、認否は明らかにしていない。モリ容疑者と共謀したとして、事件当時に少年だったフィリピン国籍の男2人の逮捕状も請求しており、国際手配する方針。

 県警によると、3容疑者は04年1月31日、殺意をもって原田さんに暴行を加えたうえ、首を圧迫して窒息死させた疑いがあるという。容疑者と原田さんに面識があったかは「不明」としている。

 山口県防府市出身で、茨城県阿見町で一人暮らしをしていた原田さんは、隣接する同県美浦村舟子の清明川で遺体として見つかった。遺体には複数の刺し傷があり、複数の男のDNA型も検出されていた。

 これまでの調べによると、原田さんは04年1月30日夜に自宅で友人と2人で食事をした後、「友達に会いに行く」という内容のメモを残し、友人が寝ている間に外出。その後に事件に巻き込まれたとみられる。また、原田さんの自転車は自宅から約2・5キロ離れた同県土浦市の空き地で発見されている。モリ容疑者は当時、同市に住んでおり、県警は原田さんとの接点を調べている。

 原田さんの父親の三男さんは容疑者逮捕を受けて「突然の事で私たち家族は心の整理がつかず未(いま)だ深い悲しみの中におります」というコメントを発表した。