[PR]

(1日、野球U18ワールドカップ 日本10―1メキシコ)

 U18ワールドカップの初戦でメキシコに勝った日本代表の主将の清宮(早稲田実)は「いい勝ち方ができたかなと思う」と振り返った。

 4番に座り、五回に中犠飛を放つなど3打数1安打1打点。七回には右翼フェンス際で捕られはしたが、バットの芯で捉え、いい感触の打球を飛ばした。「まあ、悪くはなかったですけど。スタンドまで入れたかった」と悔しがった。

 次戦は日本時間3日朝、前回大会決勝で敗れている米国が相手だ。「アメリカの映像とかも見ながら対策も練れると思う。ただ、相手に合わせるんじゃなくて、自分たちの野球がしっかりとできればおのずと勝利は見えてくるのかなと思います」と語った。(坂名信行)

こんなニュースも