[PR]

 3日午前5時15分ごろ、岐阜県美濃加茂市古井町下古井の「木曽川緑地ライン公園」でランニング中の男性(75)から「川に人のようなものが浮いている」と110番通報があった。県警加茂署が捜索し、親子2人の遺体を見つけた。

 署によると、遺体はブラジル国籍で同県可児市今渡の派遣社員、ファビオ・コウジ・ウイエノさん(32)と長男のマテウス君(1)。ウイエノさんは2日午後4時半ごろ、妻に「河川敷に遊びに行く」と言い残し、車で出かけた。

 川岸には服や携帯電話が置いてあり、ウイエノさんはそこから約30メートル、長男は約60メートル下流で見つかった。死因はいずれも水死で、署は水遊び中の水難事故の可能性が高いとみている。

 岐阜地方気象台や国土交通省木曽川上流河川事務所によると、2日夜から3日朝にかけては、木曽川流域でまとまった雨は降っておらず、現場付近の川の増水はなかったという。