[PR]

 北朝鮮による核実験を受け、大気中に放射性物質が含まれていないかを調べるため、防衛省は3日午後、大気中のちりを集める集じんポッドを搭載した航空自衛隊のT4練習機を三沢(青森県)、小松(石川県)、築城(福岡県)の3基地から発進させた。各機は日本海上空を飛行後、それぞれの基地に戻る。ポッドからフィルターを回収し、日本分析センター(千葉市)に運ぶ予定だ。

こんなニュースも