[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が3日、第67回NHK杯将棋トーナメントで、十八世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)に勝った。

 攻勢をとった藤井四段が森内九段の受けを打ち破った。藤井四段は「積極的に攻めていく方針が良かった。永世名人の資格を持つ森内九段と対戦できてうれしかった」、森内九段は「藤井四段は落ち着いていた。こちらが予想していない手を指され、感心した」とコメントした。名人を通算5期獲得すると永世名人の資格が得られ、森内九段は8期達成している。藤井四段が公式戦で永世名人資格者と対戦したのは初めて。

 50人が出場するトーナメントの2回戦。通常、対局は収録されて後日放送されるが、組み合わせの決定以降、放送日の問い合わせが相次ぐなど注目度が高かったため、生放送に切り替えられた。3回戦は、今年の名人戦の挑戦者だった稲葉陽(あきら)八段(29)と戦う。藤井四段は2日の対局でプロ入り後初の連敗を記録したが、立ち直りの早さを見せた。(村瀬信也