3日に婚約内定の会見をした秋篠宮家の長女眞子さま(25)と小室圭さん(25)。 秋篠宮ご夫妻は文書で感想を発表。約3年の交際期間で結婚したご夫妻は、二人が約5年の交際期間を経たことについて「私たちの時よりも長い期間になり、意思を確認するのには十分な時間」と述べ、「その二人の意思を喜んで尊重いたしました」とつづった。小室さんの母佳代さん(51)も「責任の重さを感じます」などとコメントした。

 眞子さまが学習院女子高等科に在学中、3年間担任を務めた坂口由美子教諭(60)は、「小室さんが眞子さまのことをとても大切に思っているのが、にじみでている感じがする」と話し、「眞子さまはとてもふさわしい方をお選びになった。温かい家庭を築いて頂ければ」と祝福した。

 眞子さまが名誉総裁を務める日本テニス協会の畔柳(くろやなぎ)信雄会長は「名誉総裁を熱心にしていただいた。心からお喜びを申し上げたい」と話した。

 米国在住の弁護士、立川珠里亜(じゅりあ)さんは小室さんが米国留学中に世話をし、現在の勤務先も紹介した。小室さんは立川さんに、夢は国際的に活動する弁護士になることと話していた。眞子さまと近く婚約することが報道された後、小室さんから「ご迷惑をかけたのでは」と電話があり、「頑張って弁護士になる夢をかなえて。道を見失ってはいけない」と答えたという。結婚については「まだ若いので温かく見守ってあげてください」と話した。

 小室さんが学生時代に「海の王子」を務めた神奈川県藤沢市では、この日、市観光協会が会見。山口泰生事務局長は「当時も年齢の割に落ち着いた、笑顔のすてきな好青年だった。しっかりした大人になった」と目を細めた。

 2010年夏に小室さんとともに神奈川県藤沢市の「海の王子」に選ばれた柏木元気さん(26)=兵庫県尼崎市=は会見のテレビ中継を見て、「時々眞子さまと見つめ合って笑顔を交わす仲むつまじい様子がうかがえた。間違いなく幸せな家庭を築かれると思う。湘南の海のように明るく笑顔あふれる家庭にしてほしい」とエールを送った。(緒方雄大、野田佑介)