[PR]

 北朝鮮による核実験を受け、日本政府は3日午後5時過ぎから同日2回目の国家安全保障会議(NSC)を開催し、最新情報を確認するとともに対応方針について改めて協議した。

 菅義偉官房長官はNSC後の臨時の記者会見で、「今回の核実験について詳細は分析中だが、水爆実験だった可能性も否定できない」と述べた。その理由について、過去最大規模のマグニチュード6・1の揺れが観測されたことを挙げ、「過去のマグニチュード、また世界の様々なものと比較して、(水爆実験の可能性を)否定することはできない」と説明した。

 また、核実験による放射性物質について、「15時現在、全国のモニタリングポストで異常値は検出されていない」とした。