[PR]

 北朝鮮の核実験を受け、安倍晋三首相は3日夜、首相官邸で記者団に「国際社会の度重なる警告を無視して北朝鮮が核実験を強行した。我が国は断じて容認できない」と語り、米国、韓国、中国、ロシアなどと連携して「断固たる対応を取っていく」と強調した。

 安倍首相は国家安全保障会議(NSC)を2回開き、官邸を後にする際に改めて取材に応じた。

 首相は「北朝鮮の暴挙を、世界の平和を脅かす行為を止めることができるかどうかは国際社会の連携と連帯にかかっている」と指摘。「世界の平和を守るために国連の強い意思を示さなければならない」と述べ、新たな制裁決議の必要性に言及した。

 首相は「引き続き強固な日米同盟のもと、高度な警戒態勢を維持し、国民の安全を守るために万全を期す」とも述べた。

こんなニュースも