眞子さまが学習院女子高等科在学時、3年間担任を務めた坂口由美子教諭(60)は、小室さんとの婚約内定を前に同校で共同インタビューに応じ、「とてもふさわしい方をお選びになった。(ご結婚後も)日本文化に対する造詣(ぞうけい)を深められ、国際的な関心を持ち続けながら温かい家庭を築いて頂ければ」と喜びを語った。

 坂口教諭は、眞子さま在校中、担任と現代文の授業を担当していたという。教諭によると、眞子さまは友だち思いの人柄で、ニックネームは「まこしー」。健康にも恵まれ、高等科3年間で欠席は1日だけだった。

 成績は非常に優秀で、得意科目は英語や世界史、日本史、体育など。3年の1学期に「皇族は海外の方と触れあう機会が多いので、帰国子女や外国人学生が多い環境で国際感覚を磨きたい」と、国際基督教大学(ICU)を受験する決意を明かされた。坂口教諭は「皇族というご自覚のもとでの決意だったことがうかがえる」と振り返った。

 眞子さまの学年では中等科1年の時から、電柱や木に登ったり、雑木林の中を駆け回ったりして逃げ続ける「サバイバル鬼ごっこ」がはやっており、眞子さまも職員室に逃げ込んできたり、上履きに穴を開けたりしつつ楽しんでいたという。2年の時、遠足先の神奈川県鎌倉市でグループに分かれて寺院巡りをした際は、眞子さまが1人でコンビニに駆け込み、道を聞いたこともあった。

 高等科時代はスキー部に所属。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら