[PR]

 北朝鮮の通算6度目の核実験を受け、国連安全保障理事会は4日午前10時(日本時間同日午後11時)、米ニューヨークの国連本部で緊急会合を開く。日米などは更なる圧力強化の必要性を訴える構えだ。今後の協議では、北朝鮮への石油の輸出制限などが検討される見通し。北朝鮮の不安定化を懸念する中国などがどう対応するかが焦点だ。

 米国と日本、英仏の4理事国に、利害関係国の韓国を加えた計5カ国が開催を要請した。会合は公開で開かれる予定。日本の別所浩郎・国連大使は「新たに圧力を加えることで北朝鮮の行動を変えたい」と述べ、制裁強化策を含む、新たな決議を目指す方針を示している。

 安保理筋には制裁強化の余地が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも