[PR]

 米国のマティス国防長官は3日、ホワイトハウスで記者会見し、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し「北朝鮮の全滅を望んでいないが、そうするだけの多くの選択肢がある」と述べ、軍事的行動の可能性を示唆して強く牽制(けんせい)した。

 トランプ大統領は3日午前、記者団から北朝鮮への攻撃の可能性を問われると「そのうち分かる」と答えた。その後、ホワイトハウスでマティス長官やペンス副大統領、ケリー大統領首席補佐官らを集め、安全保障に関する会議を開いた。

 終了後、ダンフォード米軍統合参謀本部議長とともに記者団の前に立ったマティス氏は「我々は多くの軍事的な選択肢を持っている。大統領は、それぞれの選択肢について説明を求めた」と語った。

 その上で「我々に、米国と同盟…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも