[PR]

 4日午前5時35分ごろ、三重県名張市つつじが丘北1番町の市道で、乗用車が対向車線に飛び出して歩道に突っ込み、バス停付近にいた近くに住む職業不詳永田忠生さん(63)と男性(60)の2人をはねた。名張署によると、永田さんは頭などを強く打って死亡し、男性も重傷を負った。車を運転していた男の呼気からアルコールが検出された。

 署は、運転していた近くの飲食業森川直哉容疑者(25)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認め、「ぶつかって気づいた」と供述しているという。署は容疑を致死傷に切り替えて調べる。