[PR]

 鋭く落ちる変化球や切れのある豪速球はどんな特性を持っているのか――。野球用品大手のミズノは4日、投球の回転数や回転軸を計測するシステム「MAQ(マキュー)」を開発したと発表した。ボールに内蔵したセンサーがデータを計測し、スマートフォンのアプリで数値を見られる。今後実証テストを重ね、来年春に販売する。本体と充電器あわせ税抜き3万4800円を想定している。

 投球データは、「時速150キロのストレート」のように球速が一般的だ。一方で、打ちにくいボールの条件である「球の伸び」や「変化球の切れ」については、ボールの回転数や回転軸が関係することは知られているものの、それを数値化する技術が進んでいなかった。

 MAQは、本物の硬式球と同じ革を使い、重さもほぼ同じ。ボールを投げるとスマホに、回転数と回転軸、球速が表示される。130キロ相当で3千球を投げても、問題なく動作するという。球は円状のワイヤレス充電器に乗せて充電する。ミズノはプロ球団のほか、大学や高校のチームへの販売を狙う。

 開発に関わった国学院大の神事努准教授(体育学)によると、利用データが蓄積されれば、落差のある変化球や浮き上がるように見える速球を一般化できるようになる。野球選手の技術向上につなげられるという。(野口陽)

こんなニュースも