[PR]

 北朝鮮によるミサイル発射や予告を受けて、米領グアムや韓国への修学旅行を中止する学校が相次いでいる。安全面を考慮しての対応だが、子どもたちが準備を重ね、楽しみにしている行事だけに、学校も苦慮している。

 埼玉県立桶川高校は、北朝鮮が発射したミサイルが8月29日の早朝に北海道上空を通過したことを受け、11月末に予定していたグアムへの修学旅行の中止を決めた。2年生約320人が参加し、太平洋戦争の慰霊施設などを見学するはずだったが、北朝鮮がグアム周辺に向けてミサイルを発射する計画を明らかにしてから、変更を検討してきた。

 ミサイルが実際に日本上空を通ったことで青木一男教頭は「厳しいと判断した」と話す。これから代わりの行き先を探すが、来年に日程をずらすことも検討するという。埼玉県教育委員会によると、これまで4校の県立高校がグアムへの修学旅行を中止した。

 愛知県立一宮商業高校(一宮市)もグアムへの修学旅行を中止した。国際ビジネス科の2年生63人が10月4~6日の日程で予定していたが、「生徒の安全や保護者の安心のため」として取りやめる。今後、ほかの旅行先や時期などを検討するという。5日に生徒や保護者に中止を報告した。

 青森県立三本木高付属中(十和…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら