[PR]

■ルポ高知県大川村:5

 過疎が極まると議員のなり手もいなくなって議会の維持も難しくなる。そんな最悪の事態も想定し、議会に代わって全有権者で構成する「町村総会」設置の是非を検討してほしい――。

 人口約400人の大川村の村議会(定数6)議長、朝倉慧(あきら、78)が議会運営委員会(議運、正副議長を除く4人で構成)にそう諮問したのは5月中旬。それから3カ月余りがたった8月18日、議運が出した答申は次のような内容だった。

 議会維持に関しては「議員として活躍を期待できる人材は育ってきている。長い将来を見通すまでには至らないが、今後も構成できる」とする一方、総会については「国の動向を把握したうえで調査・研究をすることが望ましい」として設置の是非には踏み込まず、結論を先送りしたのだ。

 議運のメンバーが「議会維持可…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら