[PR]

 日本高校野球連盟は4日、秋季地区大会の日程を発表した。10月1日開幕の北海道を皮切りに、11月上旬まで全国10地区で開かれる。各大会の成績は、来春の選抜大会出場校を選ぶ際の重要な判断材料になる。

■秋季地区大会の日程

北海道 10/1から8日間(6日は休養日) 札幌円山ほか 20チーム

東北  10/13から6日間(16日は休養日) 福島・県営あづまほか 18チーム

関東  10/21から5日間 神奈川・サーティーフォー保土ケ谷ほか 15チーム

東京  10/7、8、9、14、15、21、22、28、29、11/4、5 東京・神宮第二ほか 64チーム

北信越 10/14、15、21、22 福井県営ほか 16チーム

東海  10/21、22、28、29 愛知・岡崎市民ほか 12チーム

近畿  10/21、22、28、29、11/3、4 大阪・シティ信金スタ 16チーム

中国  10/27、28、29、11/4、5 広島・しまなみほか 16チーム

四国  10/28、29、11/4、5 高知・県立春野ほか 12チーム

九州  10/21から6日間(24日は休養日) サンマリン宮崎ほか 18チーム

(左から地区、期間、球場、参加チーム数)

こんなニュースも