[PR]

 静岡県警は4日、所持品検査と言って女性の体を必要以上に触るなどしたとして、県警細江署地域課の巡査、柴田恭佑容疑者(24)=浜松市北区細江町小野=を準強制わいせつと特別公務員暴行陵虐の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警監察課によると、柴田容疑者は8月16日午後4時ごろ、同区細江町中川の路上で、乗用車を運転していた20代女性を一時不停止だったとして停車させ、所持品検査をすると言って衣服の上から執拗(しつよう)に体を触った疑いがある。女性が同日、署に相談し、被害が発覚した。当時、柴田容疑者は1人で交通取り締まり中だったという。

 同課によると、柴田容疑者は昨年9月27日付で署に配属。今年3月から交番勤務で、勤務態度に問題はなかったという。現在は勤務を休んでいる。県警の高橋靖警務部長は「警察への信頼を損なう行為であり、誠に遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処してまいります」とコメントした。