【動画】JR浦和駅とJR東日本の蕨交流変電所=野津賢治撮影
[PR]

 5日午前10時ごろ、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所でトラブルがあり、大規模な停電が発生。山手線など首都圏の7路線で一時電車の運転ができなくなった。同10時40分ごろまでに全路線で運転を再開したが、最大で京浜東北線が42分間運転を停止したのをはじめ、約20~40分にわたって広い範囲で運行が止まり、駅などで混乱が生じた。

 山手線のほかに運転を停止したのは、京浜東北線、埼京線、高崎線、宇都宮線、湘南新宿ライン、常磐線快速電車。計75本の列車が遅れ、約4万1千人に影響が出た。

 JR東日本によると、蕨市内の蕨駅近くにある同社の「蕨交流変電所」の点検・修繕作業中に作業員が機器の操作を誤ったため、停電が発生したという。

 JR新宿駅の窓口に並んでいた福島県会津若松市の会社員男性(47)は、埼京線に乗車中、30分間電車内に閉じ込められた。新宿駅から特急で出張先の長野に向かう予定だったが、予定の電車に乗り遅れた。「会議に間に合わないので電話を入れた。もうしょうがないですね」と困った様子で話した。

 JR東京駅では「ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません」というおわびとともに、停電でダイヤを一部変更することを告げるアナウンスが流れた。駅員にダイヤを尋ねる乗客の姿もあった。横浜市へ仕事に向かう都内の男性会社員(38)は「仕事の取引先との待ち合わせに遅れそうだ」と話した。

 さいたま市浦和区のJR浦和駅構内は運転再開を待つ利用客であふれ、駅員が対応に追われた。川口駅へ向かおうとしていた市内の主婦、黒沢和子さん(82)は「本当は午前10時から書道のおけいこだった。困っている」。引っ越しのため荷物を持って蕨駅に行く途中だった飲食店店員の前野駿さん(26)は「荷物が重いのでなるべく早く動いてほしい」と話していた。

 浦和駅では午前10時20分ごろ、ホームにある通気口から白煙が上がっているとの通報があり、消防が出動する騒ぎがあった。停電で自家発電装置が作動し、始動の際に装置から煙が出たため、駅も消防も火災と誤認したという。