[PR]

 民進党の前原誠司代表は5日夕、両院議員総会で執行部人事を提示する。山尾志桜里・前政務調査会長を幹事長に登用する人事を断念し、代表代行に内定していた大島敦・元総務副大臣を充てる方針だ。いったん決めた人事を撤回することに、党内では困惑と反発の声が広がっており、前原氏の求心力が一気に低下しかねない情勢だ。

 幹事長人事をめぐっては、昨年の代表選を制した蓮舫氏が野田佳彦元首相を起用したところ、党内の反発を受けて求心力を低下させた経緯がある。

 前原氏は、当選2回の若手で次世代のリーダー候補と目される山尾氏を登用することで刷新感を打ち出し、低迷する党勢の回復につなげるねらいがあった。山尾氏も内諾し、幹事長が決める人事の検討に着手していた。ところが、代表選で前原氏を支持した議員を中心に、政治経験の少なさや資質に対する懸念や不満の声が出たという。

 山尾氏については代表代行に充てる方針だ。内定した人事を撤回することについて、党内では「実務経験のない2回生に幹事長はできない」と当然視する声と、「内定した人事は支えないといけない。ダメージが計り知れない」と反対する声がある。

 大島氏は埼玉県出身の60歳。民間企業に勤めた後、2000年衆院選で埼玉6区から民主党公認で初当選し、6期目。民主党政権時代は内閣府副大臣や総務副大臣を歴任した。今回の代表選では、前原氏陣営の選対本部長を務めた。

こんなニュースも