[PR]

 防衛省は5日午前、北朝鮮の核実験を受け、放射性希ガスを集める装置をとりつけたC130輸送機を航空自衛隊小牧基地(愛知県)から飛行させた。

 C130は原子力規制庁の拡散予測を踏まえて飛行を計画。防衛省は大気中の放射性物質の有無を調べるため、3日から空自のT4練習機を飛ばしているが、5日午前の時点では検出されていない。同日午後も飛行させる予定。

こんなニュースも