[PR]

 河野太郎外相は5日午前の閣議後の記者会見で、北朝鮮の核実験問題をめぐり、「米国から新たな(国連安全保障理事会の)決議案が出てくる。採択に向けて様々な調整が行われている」と述べた。米国は新しい決議案について、11日の採択を目指している。

 安保理は4日午前(日本時間4日深夜)、ニューヨークの国連本部で緊急会合を開いた。焦点となっている北朝鮮への石油輸出の禁止について、河野氏は「中身は調整中なのでコメントは控えたい」と述べるにとどめた。一方、「北朝鮮が非核化の意思を明確にして具体的な行動を取れば、当然対話ということになると思う」とも述べた。