[PR]

 フリーマーケットアプリ「メルカリ」を通じてコンピューターウイルスを入手する情報を売ったとして、奈良県警は5日、大阪府の中学2年の男子生徒(13)を不正指令電磁的記録提供の非行内容で児童相談所へ通告し、発表した。男子生徒は「小遣いがほしかった」と話しているという。

 サイバー犯罪対策課によると、男子生徒は3月12日から13日にかけて、ウイルスをダウンロードするための情報をメルカリに出品し、メルカリで使えるポイント計約5千円分で、京都府などに住む14~19歳の少年4人に提供した疑いがある。14歳以上は刑法の対象で、県警は5日までに4人を不正指令電磁的記録取得の疑いで書類送検した。

 同課によると、このウイルスに感染すると、スマートフォンなどの画面上に男性の顔の画像が多数現れて操作しづらくなる。男子生徒は2月、ウイルスをダウンロードできるURLのことをネット上の知人から聞いたという。