[PR]

(5日、楽天6―1日本ハム)

 8月22日に楽天のルーキー藤平(横浜高)が挙げたプロ初白星は、チームの連敗を6で止める勝利だった。あれから2週間。チームは一つの引き分けを挟んで10連敗を喫した。あと1敗で2005年に記録した球団ワーストに並ぶ。そして藤平は、再び連敗ストップを託された。

 立ち上がりは無失点でも、大谷を四球で歩かせ、打者4人に対して25球を要した。「マウンドが少し合わなかった。踏み込む足の箇所が緩くて。試合の中で修正できた」。左足を踏み出すときの幅を狭め、安定性を確保した。七回、先頭の松本に初安打を許しても、「0点で抑えるほうが大事」。難敵・大谷は6球ストレートで攻めた後、スライダーを振らせた。さらに中田、レアードと相手の中軸を切ってとった。

 過去3度の登板は6イニングが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら