[PR]

 民進党の新代表に選ばれた前原誠司・元外相は5日、両院議員総会で幹事長に選対本部長を務めた大島敦・元総務副大臣を起用するなどの役員人事案を提案し、了承を得た。幹事長に内定していた山尾志桜里・元政務調査会長は党内の反発などを踏まえて登用を断念し、いずれの要職にもつけなかった。

 代表代行には代表選を争った枝野幸男・元官房長官を、選挙対策委員長には野党共闘路線の維持を掲げた枝野氏陣営の選対本部長、長妻昭・元厚生労働相を起用した。政調会長に階猛(しなたけし)・元総務政務官、国会対策委員長には松野頼久・元官房副長官をそれぞれ起用した。