[PR]

 長崎原爆の爆心地から約1・4キロの距離にある長崎市小峰町の聖フランシスコ病院敷地内の土の中から、縦約60センチのれんが積みが見つかった。病院は、被爆直後、被災者の救護活動の拠点になった浦上第一病院の跡地に建てられており、市はれんが積みが浦上第一病院の遺構の可能性があるとみて、詳しく調べる。

 聖フランシスコ病院前の県道沿いで長崎県が掘削工事中の8月30日、断面から赤れんがを積み上げた縦約60センチ、横約25センチの壁の一部のようなものが見つかり、病院が市に連絡した。

 戦時中、結核療養所だった浦上第一病院は1945年8月9日の原爆で破壊され、医療機材や薬品もほとんど焼失。その中で、続々と詰めかける負傷者を医長の秋月辰一郎(たついちろう)医師や看護師らが必死に救護し、その後も爆心地帯で「唯一の救護病院」として被爆者の治療にあたった。浦上第一病院の焼け跡に45年秋、聖フランシスコ診療所が開業。60年代に聖フランシスコ病院に名称が変わり、70年代に現在の建物になった。

 市は今後、被爆前後の浦上第一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら