[PR]

 岐阜・長野県境の乗鞍岳(3026メートル)や御嶽山(3067メートル)などの火山にも安全に登ってもらおうと、岐阜地方気象台が「登山のしおり」を作った。スマートフォンを使って登山届が出せたり、噴火速報にアクセスしたりできるのが特徴だ。

 しおりはA4判で折りたたむと手のひらにすっぽり収まるサイズ。「もしも噴火したら……」「装備は十分ですか?」など、登山に役立つ情報が記されている。QRコードも掲載され、スマートフォンの読み取りアプリを使えば、気象庁の噴火警報、噴火速報のサイトにもつながり、リアルタイムで情報を得られる。

 五つの活火山がある岐阜県。死者・行方不明者63人を出した2014年の御嶽山の噴火から今月27日で3年となるのを前に、改めて登山者に安全意識を高めてもらおうとしおりを作成した。

 御嶽山は火口から1キロ以内の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら