[PR]

 児童らとの給食や教室の掃除を日本の思い出に――。外国人観光客に日本独特の学校文化を体験してもらう取り組みが、青森県平川市で始まる。年々増えているクルーズ船での観光客らをターゲットに、市内観光の一環として小中学校で児童と交流してもらう全国でも珍しい試みだ。

 市教育委員会によると、ツアーでは児童らと一緒に給食を配膳したり味わったりするほか、教室の掃除にも参加してもらう。欧米の学校は校内の食堂で昼食をとり、掃除は業者に委託しているケースが多く、市教委の担当者は「外国人にとって給食や掃除体験は珍しいはず。児童も国際交流ができ、お互いウィンウィンだ」と話す。

 発案したのは、有料で訪日外国人を観光案内できる「通訳案内士」の雪田博之さん(61)=青森市。ガイド中、高校教諭だった経験をもとに日本の学校の日常を紹介したところ観光客が一様に驚いていたことがヒントになった。

 すでにインターネット上で募集を始めていて、1ツアー(8人まで)273ドル(約3万円)。学校側は1人あたり約260円の給食費を受け取る以外に、原則として金銭の授受はない。

 青森港(青森市)を訪れるクルーズ船は年々増え続け、今年は過去最多の23隻に上る見込み。2019年5月には世界有数の豪華客船「クイーン・エリザベス」の初寄港も決まった。県南部に位置する平川市は、青森港からは高速道路を使えば車で1時間以内の距離だ。

 観光庁によると、訪日外国人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら