[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、昨年4月に運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」について、運用に関わったNECと東京簡裁で民事調停が成立したと発表した。JAXAによると、NECが作った姿勢制御などの設定値が故障につながったとして、NECがJAXAに5億円を支払うことで合意したという。NECは「JAXAの期待にお答えできなかったことへの反省と道義的責任を感じたため、調停案を受け入れました」とコメントした。

こんなニュースも