【動画】緊急着陸した日本航空6便の左側のエンジンを調べる関係者=野津賢治撮影
[PR]

 羽田空港で5日正午すぎ、羽田発ニューヨーク行きの日本航空機(ボーイング777型、乗客乗員251人)が、左エンジンのトラブルで緊急着陸した。けが人はいない。国土交通省によると、離陸直後にエンジン後方から一瞬火が出た。エンジン内部が一部壊れており、日航は不具合があったとみて原因を調べている。

 当初、鳥がエンジンに吸い込まれたとみられていたが、鳥の痕跡は見つからなかった。何らかのトラブルで燃焼が不安定になり、炎が出た可能性がある。

 同機は約1時間飛行しながら燃料を房総半島沖に捨て、機体を軽くしてから着陸。同機が離陸した羽田空港のC滑走路は、離陸直後に脇の芝生から煙が上がり、安全確認のため午前11時から約2時間閉鎖された。(伊藤嘉孝)

関連ニュース