[PR]

 夏休みの外国旅行で使い残した紙幣を、海外支援に役立てませんか――。国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」(東京)が、バングラデシュで家事使用人として働く少女たちへの教育を支援するため、旅行後に余った外貨紙幣の寄付を呼びかけている。

 会によると、バングラデシュには家事使用人として働く18歳未満の少女が33万人おり、多くは一日中働きづめで学校に通えていないという。会は2006年から現地の団体と協力し、少女たちに読み書きや保健衛生の授業をしている。児童労働のない社会をめざし、雇い主や地域への啓発活動にも取り組んでいる。

 5ドル(約550円)で授業が1回でき、50ドルで少女たちのための支援センターの部屋を1カ月借りることができる。寄付を募るのは、現在使われている米ドル、ユーロ、英ポンド、中国元など海外の紙幣に限る。会は「外国旅行の思い出を、働く少女たちにおすそ分けして」と呼びかけている。

 募集は30日まで。寄付は封筒などに入れて郵送する。あて先は〒169・8611東京都新宿区西早稲田2の3の1 早稲田奉仕園内、シャプラニール外貨キャンペーン係。問い合わせは同会(03・3202・7863)へ。(渡部耕平)