[PR]

 5日午後8時ごろ、神奈川県綾瀬市の東名高速上り線26キロポスト付近を車で通った女性から「上空からマネキンのようなものが落ちてきた」と110番通報があった。県警高速隊が駆けつけたところ、若い男性が路上に倒れていた。男性は頭を強く打っており、現場で死亡が確認された。

 県警高速隊によると、死亡したのは同市立中学校3年の男子生徒(15)。東名高速に架かる橋から落ちたとみられる。

 通報があった時間帯に、男子生徒の親から「子どもが別れを告げるような連絡をしてきた」と110番通報があった。県警は、生徒が自殺を図った可能性もあるとみて調べている。

 この事故で、東名高速上り線は5日午後8時半ごろから6日未明まで海老名ジャンクション―横浜町田インターチェンジ間で通行止めとなった。