[PR]

 米大リーグの人気チーム、ボストン・レッドソックスにスパイ疑惑が持ち上がった。トレーナーが腕時計型端末「アップルウォッチ」を使って相手投手の球種を入手し、自チームの選手に伝えていたという。5日、ニューヨーク・タイムズ(電子版)が伝えた。サインを盗むこと自体はルール上禁止されていないが、双眼鏡や電子機器を使うことは認められていないという。

 同紙によると、同じアメリカン・リーグ東地区のライバル、ニューヨーク・ヤンキースが8月のレ軍との3連戦で不正があったと大リーグのコミッショナーに申し立て、2週間前に調査が始まった。レ軍は、本拠地の球場で映像のリプレーを行うスタッフから、ベンチのトレーナーのアップルウォッチに相手キャッチャーのサインを送ってもらい、それを選手たちに伝えていたという。調査に対しレ軍は、ジョン・ファレル監督や球団幹部は知らなかったと答えているという。

 ヤ軍の訴えに対し、レ軍側は、ヤ軍も球団が持つ自前のテレビ局の映像を使ってサインを盗んでいると主張している。大リーグではたびたびサインのスパイ疑惑が持ち上がるが立証が難しく、罰金や勝ち試合の剝奪(はくだつ)などの処分に至るケースはほとんどない。(ワシントン=香取啓介)

こんなニュースも