[PR]

■特派員リポート 渡辺丘(エルサレム支局長)

 イスラエルの情報機関モサド(諜報〈ちょうほう〉特務庁)で、イラク北部のクルディスタン(クルド人地域)や革命前のイラン、レバノンで現地責任者を務めた元情報官エリエゼル・ツァフリル氏(83)に会ったのは、夏が終わりを告げようとしていた8月下旬のことだ。

 地中海に近い閑静な住宅街にあるアパートの一室を訪ねると、白いポロシャツに濃い青のジーンズ姿の爽やかな風貌(ふうぼう)の白髪の男性が迎えてくれた。日に焼けた精悍(せいかん)な顔に穏やかな笑みを浮かべながら、秘密のベールに包まれたインテリジェンス(情報収集・分析)活動に明け暮れた半生を語った。

 ツァフリル氏は1934年、イ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも