[PR]

 6日午前4時10分ごろ、青森県五所川原市みどり町1丁目にある市営団地の一室で、この部屋に住むスナック経営の対馬美千代さん(50)が血を流して倒れていると対馬さんの娘から119番通報があった。対馬さんは首に刃物で刺されたような傷があり、まもなく死亡した。県警は同日午後、息子で無職の純也容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。

 県警によると、対馬さんは純也容疑者と20代の娘の3人暮らし。捜査員が駆けつけたとき、純也容疑者は不在だったが、約2時間後に自宅から約3キロ離れた市内の商店街で見つかった。県警は対馬さんと純也容疑者の間に何らかのトラブルがあったとみて、経緯を調べている。