[PR]

 歌手平井堅が今年発表したシングル曲「ノンフィクション」は、テレビドラマ用に作詞作曲したタイアップ曲だ。だが、自身の死生観が静かに織り込まれた「とてもセルフポートレートな曲」でもあるという。何があったのか。歌にする意味とは。

 TBS系のドラマ「小さな巨人」(4~6月放送)の主題歌。警察組織内部の戦いを描いた話で、当初は「脚本を読み、物語に沿って作っていた」。だが、その時期に偶然「近しい人が立て続けに亡くなる出来事が起きた」という。

 ♪人生は苦痛ですか 成功が全てですか……。

 問いかける歌詞に内包する重みや鋭さ。「人の死に直面した時、自分自身に『悔いなく生きることができていますか』という問いがどうしても突き刺さってきた」という。

 「自分の身に起きた強い出来事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも