[PR]

 陸上男子100メートルで、21歳の桐生祥秀(よしひで、東洋大4年)が9日、9秒98(追い風1・8メートル)をマークし、日本選手で初めて10秒を切った。福井市であった日本学生対校選手権の決勝で記録した。人類が初めて電気計時で9秒台に突入したのは、1968年にジム・ハインズ(米)が記録した9秒95で、それに遅れること49年。ようやく日本選手が9秒台に突入した。

 これまでの桐生の自己最高は10秒01。従来の日本記録は、日本陸上競技連盟強化委員長の伊東浩司氏(当時富士通)が98年のバンコク・アジア大会でマークした10秒00だった。世界記録は2009年にウサイン・ボルト(ジャマイカ)が記録した9秒58。

 滋賀県出身の桐生は、京都・洛南高3年だった2013年、当時の日本歴代2位となる10秒01で走り、注目を浴びた。一昨年3月には米テキサス州であった競技会で追い風3・3メートルの参考記録ながら9秒87を記録した。昨夏のリオデジャネイロ五輪では400メートルリレーの第3走者として銀メダルを獲得した。

     ◇

 〈きりゅう・よしひで〉 1995年生まれ。滋賀県彦根市出身。滋賀・彦根南中で陸上を始め、中学3年の時に全日本中学選手権200メートル2位。京都・洛南高2年の2012年に100メートルで10秒19のユース(17歳以下)世界最高記録をマーク。卒業後は東洋大に進み、16年のリオデジャネイロ五輪400メートルリレーで銀メダルを獲得。176センチ、70キロ。