[PR]

 来年の正月用おせち料理の予約受け付けが6日、北九州市の百貨店「井筒屋」で始まった。広報担当者は「西日本の百貨店では一番早いのでは」としている。

 同市小倉北区の小倉店には色鮮やかなサンプルが並び、開店時から常連客ら約20人が列を作った。

 京都や金沢など全国の老舗や地元ホテルなどが作る225種類を販売。夫婦2人で食べきれる量を望む客や、複数のおせちを楽しみたいという客が多いため、2万円以下の少人数向けおせちが増えているという。熊本各地の食材を生かした「熊本迎春おせち」も登場した。3~4人用で2万1600円。

 一番乗りした同市小倉南区の女性(81)は、一番人気という博多の料亭「老松」のミニおせち(1万2960円)を選び、「お目当てのものを予約できました。娘と2人で食べます」と話した。

 受け付けは12月19日まで。(新屋絵理)